ACHIEVEMENTS

【主な業績】

  1. 論文96編(PubMed掲載分56編、First 12編、Corresponding 10編)  
    h-index : 23, i10-index: 43,  g-index: 30, hg-index: 26.26

  2. 著書16編(First 8編、Corresponding 4編)

  3. 学会発表157回(国内127回:筆頭33回、国際23回:筆頭4回

  4. 獲得研究費2236万円(代表分のみ)

  5. 学会賞受賞3回(日本臨床口腔病理学会 奨励賞・ポスター賞・歯科基礎医学会 学会奨励賞)

  6. ​日本病理学会 学術評議員

研究費・受賞
学会発表はresearchmapをご参照ください。
<指標の説明>
h-index : 被引用数がh以上であるものがh以上あることを満たす最大の数値。
              論文の質と量の両方を定量化し、分野への貢献度を判定する指標。
               → h-index 22 = 22回以上引用された論文が22編以上ある。
i10-index: 10回以上引用された論文の数。
     → i10-index 10 = 10回以上引用された論文が42編ある。
g-index: 被引用上位g番目までの論文の被引用数総和がg^2以上となることを満たす最大値。
    常にg-index≧h-indexとなる。高被引用論文の情報が増幅される。
     → g-index 28 = 引用回数上位28位までの被引用数合計 = 815 > 28*28=784
             引用回数上位29位までの被引用数合計 = 834 < 29*29 = 841 でg-index=28。
hg-index: h-indexとg-indexの積の平方根。
     上位論文の被引用数情報を表現できないh-indexと一部の引用回数の多い論文の影響を
        過敏に反映してしまうg-indexの弱点を緩衝したもの。
                → hg-index =√ (h-index) x (g-index) = √ 22*28 = √ 616 = 24.81934...
※参考文献:清水 毅志「研究活動に対する客観的かつ定量的な評価指標」情報管理 52(8), 464-474, 2009.